埼玉で働き方改革のIT支援はベストプランナー合同会社

ITで人を輝かせ残業を減らし業績を上げる

メニュー

AI-OCRとは?従来のOCRとの違いや導入メリット

AI-OCRとは?従来のOCRとの違いや導入メリット

AI-OCRとは、いまさまざまなツールに導入されるようになり、仕事の効率化、業務上のムダを削減することも可能な最新の技術です。

名刺をスキャンしてデータを読み取るOCRは知っているものの、AI-OCRについては知らない、という方もいらっしゃるでしょう。この記事ではこのAI-OCRについてと、OCRとの違いについて解説します。

スキャンしてデータを読み取るAI-OCRの作業
スキャンしてデータを読み取るAI-OCRの作業

AI-OCRとは

AI-OCR」とは、高精度な文字認識を可能とするソリューションです。大量の文字データを収集し、AIの技術によって文字の特徴をディープラーニングすることで、文字認識の精度を上げていきます。

そもそもOCRとは

そもそもOCRとは、Optical Character Readerの略で、光学的文字認識と訳します。書類や名刺などをスキャンした際、画像の中にある文字を認識し、テキストデータ化する技術です。

最近では、名刺をスキャンすることで社名・名前・住所などをテキストデータとして一括管理し、パソコンでカンタンに編集・共有できるサービスが広く知られています。

OCRの導入メリット

OCRを導入してデータ管理するようになると、次のようなメリットがあります。

情報を検索しやすい

紙媒体だと資料を探すのに手間が掛かってしまいますが、テキストデータ化しておけばパソコンでカンタンにキーワード検索して、必要なデータを閲覧できます。

データ入力作業の削減

書類や名刺を見ながらパソコンに手打ちで入力するのは、その量が増えるほど大変な作業となります。しかし、OCRならスキャンすればすぐテキストデータ化されるので、このような手間が掛かりません。

データ容量の圧縮

大量の書類もテキストデータ化してしまえば、ひとつのファイルにまとめられることが多いです。棚いっぱいの分厚いファイルが、パソコンでひとつのファイルになればスペースも有効活用できます。

従来のOCRとAI-OCRの違い

OCRもAI-OCRも紙媒体をスキャンし、その文字を認識してテキストデータ化するという部分では同じです。

しかし、従来のOCRは画質や文字によってうまく読み取れなかったり、誤認識されたりすることがあり、そのつど手入力で修正する手間がありました。

AI-OCRであってもこのような読み取りミスは生じますが、AIを搭載したことによって誤りを学習し、精度が上がっていくので、読み取りミスを減らすことができます。

また、従来のOCRでは「住所」「名前」など認識させる情報のカテゴリーを手動で設定する必要がありましたが、AIであればどの項目であるかも認識するようになるので、このような手間もなくなります。

このように、AI-OCRはAIの搭載によってさらに進化したOCRの上位互換といえるのです。

AI-OCRの特長

AI-OCRはどのような部分が優れているのか、具体的な特長について解説します。

精度が高い

従来のOCRでは認識しなかった文字や記号を認識できることがあり、また読み間違えた部分があれば、AIが学習するので、同じ部分を間違えないようになります。

データを読み取るほどさらに文字や言葉を覚えていき、学習練度が向上していくので、使い続けることで読み取りの精度が高まっていきます。

座標の設定が不要

従来型OCRでは1時間ほどかけてテンプレートを作成し、座標の設定をしたうえで読み取りが可能になります。しかし、AI-OCRはAIが自動的に判別できるため、このような設定は必要ありません。

フォーマットの自動識別

上記のようにAIが自動で判別するので、フォーマットの異なる複数社の請求書、名刺なども自動的になにが入力されているのか認識します。

AI-OCRの種類によってはフォーマットの異なる複数の帳票を、一度スキャンすれば自動でテンプレート設定するものがあります。

まとめ

このように、AI-OCRはOCRの上位互換として浸透してきている技術です。これまでのOCRは画質によって誤字が多くなることもあり、それにより使うのをやめてしまった方もいたかもしれません。

しかし、AI-OCRであれば使っていくほど学習します。手で入力する作業だけでなく、手で修正する手間も減るので、作業の効率化に最適といえるでしょう。

AI-OCRは作業効率化を高める
AI-OCRは作業効率化を高める