埼玉で働き方改革のIT支援はベストプランナー合同会社

ITで人を輝かせ残業を減らし業績を上げる

メニュー

PC操作を自動化!業務を効率化するツールや手法

PC操作を自動化!業務を効率化するツールや手法

PCで一定の単純作業を実施したいとき、自動化ツールを使用すれば効率よく、時間を節約して作業を完了させることができます。

プログラミングの知識があれば高度な作業も自動化させられますが、このような知識がなくても簡単に使用できるツールやその手法などもあるので、あわせてご紹介します。

PC操作を自動化
PC操作を自動化

PC操作を自動化するツール4選

では、PCで一定の操作を自動化してくれるツールを4種類ご紹介します。

Excel VBA

VBA(Visual Basic for Applications)とは、Microsoft Officeに含まれるアプリの拡張機能で、プログラムを記述して実行すると作業を自動化できるツール(言語)です。

基本はInternet Explorerの操作のみですが、プラグインなどを導入するとChromeやFirefoxも操作できます。ただ、高度な作業の自動化にはDOM(Document Object Model)の知識が必要です。

プログラムを記述する必要がありますが、Excelと連携した作業はかなり効率化できるようになります。また、DOMの知識があればあらゆるWindowsの操作を自動化できて便利です。

UWSC

ブラウザでの操作だけでなくWordやExcel、Windows自体の操作も自動化することができるツールです。フリーソフト版とpro版があり、pro版はExcelなども自動操作できます。

画像認識の機能を持つ点が特徴で、「特定の画像が表示されたらクリック」などの操作もおこなえます。ほかのツールだとこの操作はプログラミングを要するので、初心者にも扱いやすいです。

iMacros

ブラウザ上での操作を記憶、自動化できる無料の拡張機能です。Internet Explorer、Chrome、Firefoxに対応しています。

操作できるのはブラウザ限定ですが、プログラミングの知識が必要ないため、ブラウザ上で自動化したい作業がある方は、もっとも手軽に利用できるツールです。

ただしSafariやOperaなどでは利用できず、条件分岐などの操作ができない部分には注意してください。

Selenium

ブラウザ上の操作記録を自動化できるツールです。Seleniumで操作を記録してそのまま自動化するほか、プログラムを追加するとより高度な作業も自動化できます。

基本的にプログラミング言語が必要なので、iMacrosのほうが扱いやすいですが、条件で操作を変更したり、複数のブラウザをひとつのプログラムで操作したりするなど、より高度な操作をおこなえるのが利点です。

RPAを使いPC業務を自動化

PC操作自動化するには、前述のような自動化ツールのほかに、RPA(Robotic Process Automation)を使うという方法もあります。

RPAとは事務・管理業務といったバックオフィス業務などを、ソフトウェアに組み込まれたロボットが代行する仕組みのことです。

PC操作を自動化で業務を効率化するツールや手法
PC操作を自動化で業務を効率化するツールや手法

RPAのメリット

では、RPAを導入するとどのようなメリットがあるのかについてご紹介します。

業務効率化・生産性向上

RPAにより業務を自動化できれば、人間が作業をする必要がなくなるためほかの作業に時間を充てることができます。

さらに、人間とは違い24時間365日休みなく稼動できるため、その部分でも効率的といえるでしょう。人材が不足している企業にも適しています。

抜け漏れなどの人的ミスがない

人間が作業をおこなうと、抜けや漏れなどの操作ミスが生じてしまうことがあります。その点、RPAは定めたルールに沿って正確に作業をおこなうため、ミスせず作業を完了させることができます。

また、特定のルールに沿っておこなわれるので、「人によって作業の方法が違い、ほかの人が見ても分からない」という状態にもなりません。

コストが削減できる

導入には初期コストが掛かるものの、これまで複数の人間がおこなっていた作業をRPAに任せることで、その分の人件費を削減していくことができます。

代表的なRPAツール3選

つづいて、RPAの代表的なツール3種類の特徴をご紹介します。

BizRobo!

タイプ

サーバーインストール型

特徴

  • ドラッグアンドドロップでカンタンに操作できる
  • 一元管理ができる
  • セキュリティ性能が高い

UiPath

タイプ

サーバー/デスクトップインストール型

特徴

  • パソコンが苦手でも直感的に操作できる
  • 作業の負荷管理、報告、監視などの管理がおこなえる
  • クラウド製品や仮想デスクトップでも使える

Pega Robotic Automation

タイプ

サーバー/デスクトップインストール型

特徴

  • 作業の自動化、プロセス管理を同時並行できる
  • 仮想デスクトップでも使える
  • BPMS機能と連携することも可能

まとめ

このように、PCでの作業自動化するにはツールやRPAを導入する方法があり、作業効率を高め、人的ミスをなくすことができるというメリットがあります。

それぞれの方法は特徴が異なるように、向いている作業やデメリットなどもあります。自動化したい作業にあわせて、なにを導入するか検討してみてはいかがでしょうか。