埼玉で働き方改革のIT支援はベストプランナー合同会社

ITで人を輝かせ残業を減らし業績を上げる

メニュー

UTMの特徴であるサンドボックスのメリットデメリット

サンドボックスのメリットデメリット(UTMの特徴)

サンドボックスとは、セキュリティ対策の一種です。その名の通り、子供が安全に遊べる「砂場」を意味しており、ここではコンピューター上に設けられた「攻撃されても他の部分には影響の出ない仮想環境」のことをいいます。

UTMの特徴であるサンドボックスのメリットデメリット
UTMの特徴であるサンドボックスのメリットデメリット

サンドボックスのメリット

サンドボックスは、不明なファイルなどをサンドボックス内で実際に動作させ、問題の有無を確認します。万が一、それが不正プログラムであったとしても、サンドボックスの仮想環境の外にあるファイルやデータには影響を及ぼすことがありません。このように、実際に動作させることで、攻撃受けているかどうかを素早く判断することが出来ます。標的型攻撃を受けたとしても、サンドボックスの仮想環境内でメールに含まれているリンクにアクセスしたり、不審なプログラムを実行したりすることで、コンピューターの安全性を維持したまま検証します。あらゆる手段で攻撃、侵入してくる標的型攻撃の対策として有効なのです。

また、不正プログラムの動作には、ある程度の特徴があります。サンドボックス内で実際に動作させることによって、プログラムの特徴ではなく、動作で分析することが出来るので、未知の不正プログラムも検出することが出来ます。

さらに、サンドボックス内で実行された様子を記録して残す機能が備わっているものが多いため、何をどのように防いだのかなど、分析し確認することが可能です。サンドボックス機能をエンドポイント製品に負荷している場合はこのように後からログを確認するようなことは困難なため、組織のセキュリティを継続的に強化するためには、より効果的と考えられます。

次に、既存のネットワークシステムに後付けできる点もメリットとして挙げられるでしょう。通常は、サンドボックス専用機を設置しネットワークを設定、もしくは、サンドボックスをインストールする方法があります。そのほかクラウド型のサンドボックスなども提供されていますので、導入しやすくなっています。

サンドボックスのデメリット

サンドボックスは、セキュリティー方法としての歴史が古く、攻撃者にも知られているため、サンドボックスを回避するマルウェアも存在します。 仮想環境かどうかを判断し、サンドボックス内であれば悪意のある動作を停止して検出を免れるものや、特定の時間帯で動作するものなど、サンドボックスによる検知がうまく作動しない場合があります。

また、一般的にサンドボックスは高価なため、ハードルが高く簡単には導入できないという企業も少なくないでしょう。ソフトによって検知力が異なり絞り込めない、機器への負荷が心配、などもデメリットとして挙げることができます。

情報を守るためには、サンドボックスだけでなく、他のセキュリティソフトと併用し、対策を強化するのが有効でしょう。サイバー犯罪も日々進化し続けるので、常にセキュリティ対策を更新する必要があります。サンドボックスを含め、すべてのセキュリティソフトは万能ではありません。見知らぬファイルを開かない、アクセスしないなど、ユーザの意識が必要であることを忘れないようにしましょう。

UTMで防げる外部対策機能

  • 不正アクセスからの外部脅威に対抗する機能
  • ウィルス侵入からの外部脅威に対抗する機能
  • 不正webアクセスからの外部脅威に対抗する機能
  • 迷惑メールからの外部脅威に対抗する機能
  • ネットワーク攻撃からの外部脅威に対抗する機能

UTMで防げる内部対策機能

  • 内部機器からの不正アクセスからの内部脅威に対抗する機能
  • ウィルス拡散からの内部脅威に対抗する機能
  • webフィルタリング機能からの内部脅威に対抗する機能
  • アプリケーション制御からの内部脅威に対抗する機能
  • ネットワーク攻撃からの内部脅威に対抗する機能
  • 情報漏えい対策からの内部脅威に対抗する機能

ウィルス対策ソフトやファイアウォールだけではダメな理由

企業等の外部ネットワークの脅威から防火壁の機能で守ってくれるファイアウォール

個々のパソコンで対策するウィルス対策ソフト

個々の利用ユーザに委ねられることで、

  • 身勝手なウィルス対策ソフトの停止や、ポートの解放
  • ライセンス更新の有無や、バージョンアップの有無
  • 不正なwebページへのアクセス&アドレス登録

の安全性に不安が残りませんか?UTMがあれば、IT管理者不在でも全体を監視・防御されますので安心です。

UTMの保守契約後はリモートメンテナンス契約も可能

埼玉UTM等の情報セキュリィティの提供や、設定・アドバイスを提供するベストプランナー合同会社は、お客様には本来の仕事に従事して頂きたいので、できるだけ低価格な料金設定にチャレンジしております。

埼玉県・東京都を中心に、千葉県・神奈川県・栃木県・茨城県は交通費無料でお伺いしております。

保守契約後のアフターサービスとして、リモートメンテナンスでの対応が可能となります。お客様のパソコンがインターネットに接続されており、 リモートメンテナンスソフトがインストールされている状態で、その都度変わる『IDとパスワード』を開示頂くことで、お客様のパソコンを弊社メンテナンススタッフが代わりに操作させて頂きます。(PC保守サポート

届くべきメールが届かなかったり、ダウンロードできなくなったりなどでお困りの場合は、お客様に承諾のうえで、ほとんどの対応がリモートメンテナンスにより対応が可能です。

迅速かつ丁寧に対応致しますので、お気軽にご相談ください。

安心なUTM(情報セキュリィティ)の支援内容

弊社は安心・安全なUTM(Fortigate,サクサ,チェックポイント,ヴィーナステック)やファイアウォールの情報セキュリィティの販売推奨活動の一環として、現金の初期投資が少ない『リース契約』をお勧めしております。

通常UTMやファイアウォールのリース契約と言いますと、創業者には縁がないお話に思われる方が大半ですが、我々独自の申請方法により、埼玉県内の創業者の方でもリース契約を締結することができます。
(お客様のご希望に添えない場合もございます。)

弊社はリース会社を数社契約しておりますし、事業者クレジットも取り扱っておりますので、リース審査に不安がある方でも、まずはご相談頂ければと思います。

埼玉県内のUTMやファイアウォール情報セキュリィティの販売価格・リース料金や、機能・納期はお気軽にご相談ください。

UTM(情報セキュリィティ) の支援
UTM(情報セキュリィティ) の支援

電話の方はこちら048-812-5551