自動化を阻む課題解決は埼玉のIT参謀 |

ITで生産性向上し人を輝かせ業績を上げる

メニュー

補助金・助成金に役立つ申請の注意点

IT参謀による役立つ補助金や助成金の申請注意点

そもそも補助金・助成金とは

国や地方自治体は『掲げた目的を達成する為』に、補助金や助成金を給付することで、政策を達成しようと推進する施策です。

申請する際には注意点がありますので、今回は補助金や助成金の申請の注意点や役立つことを紹介していきます。

IT参謀による補助金や助成金の獲得支援
IT参謀による役立つ補助金や助成金の申請注意点

補助金と助成金を支給申請する理由

なぜ国や地方自治体は、企業へ返済義務のないお金を支給したりするのでしょうか?
その想いや理由に迫ります。

補助金

注意点は企業を活性化させ、日本全体を活性化するための『支援金』であることを忘れてはなりません。

  • 生産性が向上したり
  • サービスが向上したり
  • 利便性が向上したり
  • チャレンジする企業を増やしたり
  • 新たな技術革新につながる

素晴らしいアイディアがあり、開発するために必要な足りないお金を補助し、産業を復興させるためです。

助成金

注意点は従業員が働きやすい環境を創るために『助成』してくれていることを忘れてはなりません。

  • 残業時間を削減したり
  • 健康診断を受けやすくしたり
  • 育児や介護をしやすくしたり
  • 人材育成や教育したり
  • 正社員化する

働きやすい労働環境(職場環境)を構築し、社会に貢献できる人材を増やすためです。

注意すべき補助金と助成金の違い

補助金

  • 審査があり採択されたら支給
  • 公募期間が短くて回数が限られる
  • 支給単価が助成金に比べて大きい
  • 主に経済産業省または地方自治体が国策を促進させるために実施
  • 国や自治体から公募されている補助金の財源は、『法人税』

助成金

  • 必要条件を満たされることで支給
  • 公募期間が長いものが多い(ただし人気のものはすぐに終わる)
  • 支給単価が助成金に比べて小さい
  • 主に厚生労働省が雇用増加や人材育成のために実施(半年以内の解雇があると受給は無理)
  • 厚生労働省の助成金財源は『雇用保険料』

事業に役立つ補助金と助成金の共通点

  • 返済義務は原則ない。
  • 事業実施期間中の経費のみが認められる。(補助金・助成金は原則後払い)
  • 予算があり、人気のものは早期に終了する可能性がある。
  • 未納や滞納(税金や労働保険)のある事業者は、申請できない場合があるので注意。
  • 必要経費等の支払いは先に行わなければならない。支給されるお金は後からになる。
  • 受給までの流れはほぼ同じ。【申請 ⇒ 審査 ⇒ 交付決定 ⇒ 事業実施 ⇒ 事業完了 ⇒ 完了報告 ⇒ 入金】
  • 競合他社の相見積もりが必要になる場合がある。
  • スケジュールや対象者、必要経費・収支計画などの実施計画が必要。
  • 市場のニーズ、競合他社との差別化、自社の特徴などの記述が必要になる場合がある。

補助金や助成金を申請する3つのメリット

補助金や助成金を獲得する過程(プロセス)で得られるメリットを考えて見ましょう。
仮に補助金や助成金を得られなかったとしても、取り組んだことの成果は必ずあり、後々の事業プロセスの中で役立つ時がきます。

1.採択されれば雑収入として資金が増える

恐らくどの企業さんも、資金調達を目的に取り組まれると思います。

補助金は法人税、助成金は雇用保険料。仕入原価がかからないお金を手にして自分達が支払ってきたお金を還付されながら新たな取り組みの原動力になる訳です。

会計上は売上ではなく、本業以外の収益である『雑収入』に計上されますのでご注意ください。

新規事業であればなおさら、失敗しても損失をが低くなることで投資リスクを抑えられることでしょう。

普段自社が投資している金額で数倍の設備投資が出来るとも言えることから、事業スピードを加速することに役立ちます。

2.環境が整備されて仕組み化される

注意点としては補助金は必ず『審査』が入ります。その会社が提出した内容を本当に達成できるのか?補助金を支給することで社会に貢献されるか?そのための社内環境(組織体制)は整っているのか?も審査されていると言っても過言ではありません。

助成金については審査はないとはいえ、『要件』を満たされなければ支給されない訳ですから、注意点としては『就業規則』『人事制度などの労務管理』の整備は必須と言えます。

補助金・助成金は、労働環境や社内環境の整備がされることで、受給できるものと考えて見ると働きやすく、自社の強みを見出し、社内からも社外からも選ばれる企業になることに繋がることで役立ちます。

3.社会的信用が得られる

補助金の『審査』。助成金の『要件』。採択されたということは、これらに合格した企業である。

と太鼓判を押されたことと同じです。

補助金や助成金をしっかりと受給する体制が整っている企業だとホームページに掲載したり、取引先や金融機関等アピール致しましょう。信用・信頼が増すことで補助金・助成金を申請した効果として役立ちます。

同時に、事業計画を策定されることから『事業目的』が明確となり、期限や担当者が明瞭になることから実現することがより具体的になることでしょう。

補助金・助成金を申請する3つのデメリット

1.人手がかかることで手間やコスト増える

補助金や助成金の資料を集めたり調べたりする時間は膨大です。お金は失っても取り戻せますが時間は『命』です。簡単に手に入るものは簡単に手から離れていきます。

担当者のスキルアップ・強い組織づくりには役立ちますが手間やコストがかかることを注意しましょう。

2.本来の目的を見失い、何の為に申請しているのかわからなくなる

本業がおろそかになったり、何の為に補助金・助成金を申請するのか?迷うこともあるかもしれません。

補助金・助成金の種類によっては、『後年報告』と言ってあとから報告を求められることがほとんどですので、注意が必要です。

目的を明確にし強い信念を持って対応しましょう。

3.途中で打ち切られたり条件が合わなくなる場合もある

注意点として補助金・助成金によっては、途中で支給要件が突然変わることがあったり、予定した予算を使い切ってしまうと打ち切りされ、終了してしまることもあります。

また、従業員に対する助成金だった場合、対象となる従業員が計画期間中に退社してしまうと計画していた内容が変更せざる追えなかったり、減額されたり最悪の場合、助成金が支給されなかったりします。

役に立つ補助金・助成金ですが、注意点にも気を付けて計画しましょう。

役立つ代表的な補助金と助成金の種類

ものづくり補助金

革新的サービス開発・試作品開発・生産性プロセスの改善

IT導入補助金

日々のルーティン業務を効率化させるITツールや情報を一元管理するクラウドシステム等、汎用的なITツールの導入に活用

小規模事業者持続化補助金

販路開拓・新規顧客の獲得のためのホームページやポスレジ等簡易的なITツールの導入に活用

キャリアアップ助成金

非正規雇用の労働者のキャリアアップ・雇用変換時を目的

労働時間短縮・年休促進支援コース

勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図る

業務改善助成金

生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金の引上げを図るための制度

働き方改革推進助成金(テレワークコース)

テレワークの導入・実施に関して、取り組みに要した費用を助成することを目的とした助成金

小規模事業場産業医活動助成金

労働者の健康確保を図ることを目的

大まかな補助金や助成金の支給申請の流れ

申請
決定
購入
実施
支給

補助金・助成金の交付申請書の提出

事業計画と交付申請書を作成し、各申請先へ提出します

補助金・助成金の交付決定通知

各補助金・助成金の提出先から、内容が適正と認められれば交付決定通知が届きます

サービスの契約・納品

計画書に基づきサービスの契約・納品等を実施します

物品やサービスが納品後に計画に沿って取組を実施

計画書に基づき納品物を活用し事業を実施します

補助金・助成金の支給申請

補助金・助成金は支給申請をしないと入金されません

補助金・助成金の情報収集する役立つ3つのWebサイト

1.ミラサポplus ~中小企業向けの補助金支援~

2.J-Net21 ~経営課題を解決する羅針盤~

3.補助金ポータル ~補助金・助成金のポータルサイト~

補助金・助成金で役立つ2つの支援機関

補助金・助成金の申請する際に【人脈】と【支援機関】のお付き合いがあるかないかで大きく左右されます。

いざという時に助けて頂けるように地元の支援機関の方と情報交換を致しましょう。特にオススメしたい支援機関は2つ。無料で相談に乗ってくれますので行動を起こしていきましょう。頼りになります。

1.商工会議所 ~商工業の改善・発展を目的

2.よろず支援拠点 ~国が設置した無料の経営相談所~

補助金・助成金で役立つgbizID

政府が進めている電子申請のサービスです。今後社会保険の手続きや補助金申請の際に必須となってきます。

補助金・助成金で役立つ3つのリンク

1.法人番号検索サイト ~国税庁~

法人の以下の3点を調べられます。

  • 商号又は名称
  • 本店又は主たる事務所の所在地
  • 法人番号

2.業種コード検索サイト ~e-Stat 政府統計~

補助金・助成金の申請には【業種コード】の記入が求められます。

3.銀行コード検索サイト ~[全国の金融機関コード・支店コードや店番、支店番号を簡単に検索]~

補助金・助成金・融資で役立つ3つの認定

経営革新計画

経営革新に取り組む中小企業を、資金調達、税制、販路開拓等で支援。各都道府県の商工会議所へお問い合せ下さい。

経営力向上計画

おもてなし規格認定

補助金・助成金あるあるや申請する際に困ること

  • 書類の書き方がわからない
  • 書類を集める時間がない
  • 相談する専門家がいない
  • 自社が対象になるのか?わからない
  • どんな補助金・助成金があるのか?情報がない。調べられない
  • どんな補助金・助成金なのか?結局わからない
  • 1度支給されたら2度と同じ補助金・助成金を申請できないと思っている

補助金・助成金の申請する時に注意すべき3つの準備

  1. 補助金・助成金の申請窓口となる担当者を選定する
  2. 社内の体制や制度を整備していく
  3. 補助金・助成金を獲得するビジョン(目的)や方針(道筋)を決める

補助金・助成金の申請する際の15の注意点

  1. 補助金・助成金の申請窓口となる担当者の意見を優先的に聞く
  2. 社内の体制や制度を優先的に整備する
  3. 補助金・助成金の『公募要領』を5回以上読み込む
  4. 補助金・助成金の加点ポイントを理解する
  5. 理解できないことや疑問点をまとめ、注意すべきポイントを抑える
  6. 質問した内容(日付・担当者名を控える)を蓄積する
  7. 業界を知らない素人(第三者)が見てもわかるように表現する
  8. 何を一番伝えたいのか?を最初に決めてそこからブレない
  9. SWOT分析(自社の強みや弱み・外部環境の機会や脅威)を社内で討議する
  10. 【エビデンス(根拠)】をしっかり明示し、出来るだけ外部資料を提示する
  11. 数値化されているか?(感覚的に書かれていないか?)
  12. 整合性が取れていて、具体的な活動まで落とし込まれているか?
  13. 不備を訂正する時間を確保するため申請期限ギリギリは避ける(余裕をもって申請する)
  14. ここでもう一度『公募要領』を見直し、審査項目に正しく答えられているか?再確認
  15. 提出前に上司やアドバイスしてくれる方に内容を確認してもらう

補助金・助成金の申請する際の5つのテクニック

  1. 補助金・助成金の『タイトル』を解りやすくこだわる(審査員が興味を持つように)
  2. 主観が入らず冷静に書き、誰が見てもわかるように表現(自己アピールではダメ)
  3. 読みやすくする(わかりにくい・見にくいと読まれない)
  4. タイトル・市場環境・市場ニーズ・内部体制・提案内容・社会性に1本串を通す
  5. SWOT分析結果を活用し2~3年後の『市場環境』と『自社の立ち位置』がクロスする

ベストプランナー合同会社が補助金・助成金をお勧めする3つの理由

1.補助金・助成金は、交付決定されてから本契約(発注)なので、Noリスク

様々な補助金や助成金がありますが、注意点として交付決定の連絡が届く前に発注・契約・支払い等を行った場合は、補助金・助成金の交付を受けることができません。

2.補助金・助成金を活用することで、予算に組み入れらる

様々な補助金や助成金がありますが、毎年定期的に行われているものもあります。自社の経営計画と照らし合わせながら人や予算を組み込み役立てていきましょう。

3.補助金・助成金は利益

補助金や助成金が入金されたら、会計上『営業外収益』として『雑収入』で計上します。

皆さんのご商売で仮に100万円の利益をあげるのはどれだけの売上が必要ですか?

補助金・助成金はそれと同等の効果があります。大変苦労することも多いですが、本業で売上を稼いでいない方が同等の利益を稼げるかもしれないと考えるといかがでしょうか。

ITの観点から補助金や助成金の獲得支援をしています

補助金・助成金の獲得支援

埼玉県さいたま市で「ITコーディネーター」の資格を持ち、経済産業省の「スマートSMEサポーター」の認定を頂いているベストプランナー合同会社は、働き方改革と生産性向上の両立をITで叶えるため、補助金や助成金を獲得されるための支援としてIT参謀として役立つ補助金や助成金の申請注意点をお伝えしご相談を承っております。

IT参謀による補助金や助成金の獲得支援
IT参謀による役立つ補助金や助成金の申請注意点

※基本的にお伺いしてお話を聞きながらご提案いたします。(首都圏は交通費・初回の相談料は無料です。)

上記で紹介した代表的な補助金・助成金(ものづくり補助金・IT導入補助金・小規模事業者持続化補助金・キャリアアップ助成金・時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)・小規模事業場産業医活動助成金)は、すべて自社で獲得させて頂きました。

獲得した企業だけが得られる経験をもとに、事業や組織の『見える化』をご一緒に考えさせて頂きます。

社内環境(組織体制)を整備する過程で訪れる『課題』を明確にし、皆が幸せになれる自動化の仕組みを目指し経営改善・改革に役立てて行きます。

ITはあくまでも目標を達成させるためのツールであり手段だと考えており、注意点をお伝えしながら自動化を阻む問題課題は『IT』を取り入れることで解決を図ります。

補助金・助成金の獲得支援でベストプランナー合同会社が選ばれる理由

ソフト&ハード&回線(インフラ)
ソフト&ハード&回線
(インフラ)
  • 補助金・助成金で必要な生産性を向上させる機器やツールが提供できる
  • ソフトもハードも回線(インフラ)も手配ができる
  • 経済産業省の「スマートSMEサポーター」の認定を受けている
  • ITコーディネータの国家資格取得者が在籍している
  • ビジネスモデル特許を持っている
  • 自社で補助金・助成金の申請・獲得を実施済み
  • 他社にはないオリジナルサービス(スターシリーズ)を開発・提供している独自性がある
  • 提供するITツールは、自社製品のみならず今まで弊社で取り扱ってきた選りすぐりのITツールから選べる
  • 代表の平田は、通信業界20年以上のベテラン

補助金と助成金で必要なITツールはリモートメンテナンスが可能

埼玉県さいたま市岩槻区で補助金や助成金で必要なITツールを提供しているベストプランナー合同会社は、お客様には本来の仕事に従事して頂きたいので、できるだけ低価格な料金設定にチャレンジしております。

埼玉県・東京都を中心に、千葉県・神奈川県・栃木県・茨城県は交通費無料でお伺いしております。

補助金や助成金で必要なITツールは、リモートメンテナンスでの対応が可能となります。

お客様のパソコンがインターネットに接続されており、 リモートメンテナンスソフトがインストールされている状態で、その都度変わる『IDとパスワード』を開示頂くことで、お客様のパソコンを弊社メンテナンススタッフが代わりに操作させて頂きます。(PC保守サポート

迅速かつ丁寧に対応致しますので、お気軽にご相談ください。

任せて安心な補助金と助成金の獲得支援内容

経営に役立つ補助金や助成金の申請は、注意点として一括振り込みの支払いが求められますが、補助金や助成金に組み入れることができない付属のハードウェア等は、販売の推奨活動の一環として、現金の初期投資が少ない『リース契約』をお勧めしております。

通常リース契約と言いますと、創業者には縁がないお話に思われる方が大半ですが、我々独自の申請方法により、埼玉県内の創業者の方でもリース契約を締結することができます。
(お客様のご希望に添えない場合もございます。)

弊社はリース会社を数社契約しておりますし、事業者クレジットも取り扱っておりますので、リース審査に不安がある方でも、まずはご相談頂ければと思います。

役立つ補助金や助成金の申請注意点等のお問い合わせはお気軽にご相談ください。

IT参謀による補助金や助成金の獲得支援
IT参謀による役立つ補助金や助成金の申請注意点

電話の方はこちら048-812-5551