埼玉で働き方改革のIT支援はベストプランナー合同会社

ITで人を輝かせ残業を減らし業績を上げる

メニュー

【Poe給電】とは?LANケーブルから給電をする機能

【Poe給電】とは?LANケーブルから給電をする機能

PoE(Power over Ethernet)とは、IEEE802.3afおよび802.3atで定義されるイーサネットの規格をいいます。

PoEは、イーサネットケーブル(LANケーブル)を経由して、データ通信と同時に電力を供給します。PoEは1ポート当たり15.4Wの供給が可能ですが、ケーブルの長さや環境により、供給電力が損なわれることもあります。

【Poe給電】とは?LANケーブルから給電をする機能
【Poe給電】とは?LANケーブルから給電をする機能

Poe給電(ピーオーイー)とは?受電HUBの特徴

PoEには、電力を供給する機器【PSE(Power Sourcing Equipment)】と電力を受ける機器【PD(Pwered Device)】があります。PSEはスイッチングハブやPoEインジェクターなどで、PDはIP電話機や無線アクセスポイント、ネットワークカメラなどがあります。

PDには、規格に準拠したデバイス(標準デバイス)と非準拠デバイス(非標準デバイス)があります。 規格に準拠したPDは、IEEE802.3af / atと互換性のあるデバイスを指し、PSEによって電力供給されることができ、非標準のPDは、適合したPSEとともに使用されます。また、電力の供給には、オルタナティブA(TypeA)とオルタナティブB(TypeB)の方式があります。PSEは製品仕様としてどちらかのタイプを選択する事が出来るが、PDはどちらのタイプからでも受電できる仕様にしなければなりません。

Poe給電(ピーオーイー)のメリット

  • LANケーブルで電力を供給するので、屋上や屋外、壁、天井など電源を確保しづらい場所でも防犯カメラの設置が可能です。
  • 1本のLANケーブルで通信と電力が供給できるので、配線がすっきりしていて分かりやすく、配線で悩ませることはありません。
  • ACアダプターを使用しないので、追加でコンセントの設置工事をする必要がなく、コストの削減にもつながります。
  • スケジュール機能などをサポートしている機器を使用すると、PoEで動作している端末の電力をOff/Onする事ができ 、電源の管理・制御が簡単 です。

防犯カメラや監視カメラの保守契約後はリモートメンテナンス契約も可能

埼玉で防犯カメラや監視カメラ等のセキュリティの提供や、設定・アドバイスを提供するベストプランナー合同会社は、お客様には本来の仕事(マーケティング等)に従事して頂きたいので、できるだけ低価格な料金設定にチャレンジしております。

埼玉県・東京都を中心に、千葉県・神奈川県・栃木県・茨城県は交通費無料でお伺いしております。

保守契約後のアフターサービスとして、リモートメンテナンスでの対応が可能となります。お客様のパソコンがインターネットに接続されており、 リモートメンテナンスソフトがインストールされている状態で、その都度変わる『IDとパスワード』を開示頂くことで、お客様のパソコンを弊社メンテナンススタッフが代わりに操作させて頂きます。(保守サポート)

届くべき通知やメールが届かなかったり、スマホで映像が見れなくなったなどでお困りの場合は、お客様に承諾のうえで、ほとんどの対応がリモートメンテナンスにより対応が可能です。

迅速かつ丁寧に対応致しますので、お気軽にご相談ください。

安心な防犯カメラや監視カメラのリース支援内容

弊社はマーケティングにも活用できる安心・安全な防犯カメラ監視カメラ等のセキュリティの販売推奨活動の一環として、現金の初期投資が少ない『リース契約』をお勧めしております。

通常、防犯カメラや監視カメラ等のセキュリティのリース契約と言いますと、創業者には縁がないお話に思われる方が大半ですが、我々独自の申請方法により、埼玉県内の創業者の方でも防犯カメラや監視カメラ等のセキュリティのリース契約を締結することができます。
(お客様のご希望に添えない場合もございます。)

弊社はリース会社を数社契約しておりますし、事業者クレジットも取り扱っておりますので、リース審査に不安がある方でも、まずはご相談頂ければと思います。

埼玉県内の防犯カメラや監視カメラ等のセキュリティの販売価格・リース料金や、防犯カメラや監視カメラをスマホで見れるように活用する機能・納期はお気軽にご相談ください。

埼玉の防犯カメラや監視カメラ等のセキュリティのリース支援
防犯カメラや監視カメラ等のセキュリティのリース支援

電話の方はこちら048-812-5551