自動化を阻む課題解決は埼玉のIT参謀 |

ITで生産性向上し人を輝かせ業績を上げる

メニュー

労働生産性向上のために

155 views
約 4 分

プロセスの見直し

労働生産性を向上させるには、残業を減らしただけでは不十分です。

埼玉県さいたま市で「ITコーディネーター」の資格を持ち、経済産業省の「スマートSMEサポーター」の認定を頂いているベストプランナー合同会社は、中小企業の労働生産性向上をITで支援を実施している事業者です。

スーパーでもスマホ&タブレットが活躍
スーパーでもスマホ&タブレットが活躍

※基本的にお伺いしてお話を聞きながらご提案いたします。(首都圏は交通費・初回の相談料は無料です。)

時短と業務効率化

2019年4月より働き方改革が施行され、日本中の企業が関心を持つ労働生産性の向上。どの企業も、生産性の向上のための対策を考え、業務効率化や時短に重点を置いて働き方改革を進めているのではないでしょうか。

日々の業務に多い、レポートやデータ集計、業務報告などに使われるエクセル。このエクセルの便利機能を使いこなしている人はどれだけいるでしょうか?ある企業では、エクセルの使い方の研修を行い、作業単位あたりの時間を減らすことに成功しました。社員たちも「作業が楽になった」「残業が減った」とすぐに効果が感じられたといいます。

しかし、会社の業績が上がれば、その分業務量が増えるのは当然です。作業単位あたりの時間を短くしても、業務量が増えれば、いずれ残業時間も増えてしまうのです。業務処理の高速化は必須ですが、「時短」だけでは、労働生産性をアップさせるには不十分なのです。

ECRSの原則

生産管理の現場で用いられる改善の4原則を「ECRSの原則」といいます。生産性をあげるために、まず業務のプロセスそのものを疑ってみてはいかがでしょう。改善の対象となる業務が、自社のビジネスモデルにどのように貢献しているか、生み出している価値は何かを定義し、分析・評価していくことが重要です。ECRSの考え方では、無駄を省くことに意識が向いてしまいます。無駄を省くという考え方で業務を分析した後は、必ずその逆の価値の創出に意識を向けてみるとよいでしょう。業務改善に最適な施策を検討・導入するためには、ビジネスの本質的な価値を念頭に置くことが大切です。

ECRS(イクルス)とは、業務改善を実視する上での、順番と視点を示したものである。ECRSは、Eliminate(排除)、Combine(結合と分離)、Rearrange(入替えと代替)、Simplify(簡素化)の英語の頭文字を選択したものである。業務の改善においてECRSを適用すると、改善の効果が大きく、過剰や過小な改善も避けられ、さらに不要なトラブルも最小になることが知られている。

株式会社 日本能率協会コンサルティング

増減のバランス

働き方改革を進めるにあたり、企業で考えられている対策には「減らす」ことに注目しているように感じます。もちろん、「時短」は大切なことですが、それだけではチーム内のコミュニケーションや学びあう時間。外部からの情報の吸収する機会が不足してしまうかもしれません。質の高いインプットで多くのアウトプットを出すためには、コミュニケーションの確保や場作りは必要です。「減らす」だけでは生産性向上は成功しません。ネガティブな仕事を減らし、ポジティブな仕事を増やすことを意識して改善することが望ましいのです。

生産性向上のための段階とステップ

  1. 現状を把握する・・・業務の洗い出し→無駄を見つける
  2. 検討する・・・改善策を考える→標準化する
  3. 実践する・・・突発的な仕事を何とかする→やってみる
  4. 浸透させる・・・定着させる→振り返って見直す

自社で悩んでいること、足りないところなで、状況に合った項目から試してみてはいかがでしょう。

ITで労働生産性向上する上でベストプランナー合同会社が選ばれる理由

ソフト&ハード&回線(インフラ)
ソフト&ハード&回線
(インフラ)
  • ソフトもハードも回線(インフラ)も手配ができる
  • 経済産業省の「スマートSMEサポーター」の認定を受けていることで、加点対象となる
  • 国が推進している「クラウド」や「RPA等」のITツールを提供している
  • ITコーディネータの国家資格取得者が在籍している
  • ビジネスモデル特許を持っている
  • 自社で労働生産性向上するための補助金・助成金の申請・獲得を実施済み
  • IT導入補助金を通じて2017年から連続採択されているIT導入支援事業者であり、企業支援のノウハウがある。
  • 他社にはないオリジナルサービス(スターシリーズ)を開発・提供している
  • 提供するITツールは、自社製品のみならず今まで弊社で取り扱ってきた選りすぐりのITツールから選べる
  • 代表の平田は、通信業界20年以上のベテラン

ITの観点から労働生産性向上の支援をしています

埼玉県さいたま市で「ITコーディネーター」の資格を持ち、経済産業省の「スマートSMEサポーター」の認定を頂いているベストプランナー合同会社は、働き方改革と生産性向上の両立をITで叶えるため、ITの観点から労働生産性向上のご相談を承っております。

自社で失敗したものや、成果が得られた経験をもとに、事業や組織の『見える化』をご一緒に考えさせて頂きます。

社内環境(組織体制)を整備する過程で訪れる『課題』を明確にし、皆が幸せになれる自動化の仕組みを目指し、そのうえで自動化を阻む問題課題は『IT』を取り入れることで解決を図ります。

つまり、ITはあくまでも目標を達成させるための【ツール】であり【手段】だと考えています。

提供するITツールはリモートメンテナンスが可能

埼玉県さいたま市岩槻区で労働生産性向上に必要なITツールを提供しているベストプランナー合同会社は、お客様には本来の仕事に従事して頂きたいのと、大きな成果を上げて頂きたいことから、できるだけ低価格な料金設定にチャレンジしております。

埼玉県・東京都を中心に、千葉県・神奈川県・栃木県・茨城県は交通費無料でお伺いしており、労働生産性向上で提供するITツールは、リモートメンテナンスでの対応が可能となります。

お客様のパソコンがインターネットに接続されており、 リモートメンテナンスソフトがインストールされている状態で、その都度変わる『IDとパスワード』を開示頂くことで、お客様のパソコンを弊社メンテナンススタッフが代わりに操作させて頂きます。(PC保守サポート)

迅速かつ丁寧に対応致しますので、お気軽にご相談ください。

安心な労働生産性向上のITツール支援内容

労働生産性を向上させるために導入するソフトウェアやハードウェア等は、販売の推奨活動の一環として、現金の初期投資が少ない『リース契約』をお勧めしております。

通常リース契約と言いますと、創業者には縁がないお話に思われる方が大半ですが、我々独自の申請方法により、埼玉県内の創業者の方でもリース契約を締結することができます。
(お客様のご希望に添えない場合もございます。)

弊社はリース会社を数社契約しておりますし、事業者クレジットも取り扱っておりますので、リース審査に不安がある方でも、まずはご相談頂ければと思います。

労働生産性向上支援等のお問い合わせはお気軽にご相談ください。

IT導入支援事業者による補助金や助成金の獲得支援
IT参謀による労働生産性向上支援

電話の方はこちら048-812-5551

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE